NEW: インデックス投資のメリットとは。

author Posted by: admin on date 4月 13th, 2016 | filed Filed under: 比較

今、個人投資家だけでなく機関投資家の間でも注目が集まっている「インデックス投資」。
日経平均株価や東証株価指数(TOPIX)といった株価指数の相場の平均を狙っていくという投資方法ということはご存知の方も多いはず。
注目されているのは「投資のメリットがあるから」、これに尽きるでしょう。
デメリットしかない投資は誰も振り向きませんよね。
そのメリットについて調べてみました。

●長期投資がしやすい

インデックス投資は企業の株券を購入するわけではありませんので、企業の倒産や不祥事などの影響を受けません。
市場平均があり続ける限り投資を存続していけるということが魅力であるということです。
投資期間を無期限と定めている証券会社も多く、将来性もあると言えるのではないでしょうか。

●分散投資

とある投資の格言として、「卵をひとつのかごに盛ってはいけない」というものがあります。
卵とは投資のこと。
つまり、ひとつのところに投資しすぎるのは良くない、集中投資は避けるべきである、という意味です。
損失リスクを抑えるには投資を分散させることが重要である、しかも運用資産が大きくなればなるほど分散投資は非常に大切になってきます。
インデックス投資なら1000円単位の少額から世界中に広く分散させる投資ができるようになるので、分散投資にはもってこいといえるでしょう。

日本初マイナス金利導入で何が変わったか?

author Posted by: admin on date 4月 7th, 2016 | filed Filed under: 比較

2016年1月、日本で初めてとなる「マイナス金利」の導入が発表されました。
経済に興味がある方ならば、このニュースは驚くべきことだったと思います。

わからない方のために簡単に説明すると…
誰でも銀行に口座を持っていて、預金額に合わせて利子を受け取ることができます。
しかし、マイナス金利の導入で、逆に利子分を銀行に支払わなくてはいけなくなります。
こちらが損をする…と心配になる方もいるかもしれませんが、これは日銀と金融機関の間のみの話なので一般人には直接関係ありません。

では、マイナス金利の導入で何が変わるのか?
これは、金融機関が日銀にお金を預けることを避けるようになります。
金融機関は日銀にお金を預けて利子を払うくらいならば、預けたお金分を他の企業などに貸し出して金利収入を得たり、他の投資に使おう…と考えますよね。
そうして利子を減らそう!と思うのです。
金融機関がお金を眠らせずに使うことで、経済を刺激して景気回復を図るというのが、このマイナス金利導入の目的です。

実際に影響が出たのか?というと…
今後、住宅ローンなどの各種ローンの金利低下が予想されています。
同時に、預金金利も低くなる…とも予想されていますね。

投資に関しては、私が確認したときには日経平均は低迷しているようですが、反対に不動産投資信託が調子が良いみたいです。
金利が低くなり不動産購入資金の借り入れがしやすくなった・利回りが高いという再認識がされたことが理由のようですね。

マイナス金利導入で今後どう変わるか?気になるところですね。

レバレッジを分かりやすくご説明。

author Posted by: admin on date 4月 2nd, 2016 | filed Filed under: 比較

差金決済取引(CFD)の特徴のひとつとして外すことができない便利なシステムが、「レバレッジ」です。
レバレッジを利用した投資をすれば、より投資の幅が広がるだけでなく、より大きな利益を狙っていけるということが最大の魅力と言えるのではないでしょうか。
本項ではレバレッジについて、どなたにも理解していただけるよう分かりやすくご説明していきたいと思います。

まず、CFDをはじめるためには取引会社に自分のお金(資金)を証拠金として預け入れなければなりません。
ですので、まずは口座を開設することがCFD取引のはじめの一歩となります。

証拠金を預け入れたら、いよいよ運用を開始しましょう。
CFD取引の特徴は、「少ない証拠金からでも投資を始めることができる」ということ。
そのからくりに、レバレッジがあるのです。

レバレッジとは「てこ」のこと。
証拠金の数倍から数百倍の金額で取引をすることができます。

具体例を挙げましょう。
たとえば、証拠金が10万円だとします。
これに10倍のレバレッジを効かせると、100万円になり、100万円分の取引ができるということです。
100万円分をすべて1ドル100円の時に1万ドル購入したとします。
後日1ドル110円になったときにすべて売却すれば110万円になりますね。
レバレッジを効かせていない取引ならば1万円の為替差益だったところが、10倍のレバレッジ効果により利益は10万円になりました。

これがレバレッジの仕組みです。
レバレッジはスワップポイントの利益も同じように膨らませることができます。

CFDのことを知ることができるサイト。

author Posted by: admin on date 3月 24th, 2016 | filed Filed under: 比較

これから投資を始めてみようと思っている方、もうどの種類の投資にするか決めましたか?
なんとなくどの紹介サイトを見ても敷居が高いイメージを持つのではないでしょうか。
確かに専門的な知識がなければ最初は難しいと感じるかもしれません。
ですが、やりたいと思った時にやってみる、投資を始めるきっかけとしてはとても素晴らしいと思います。

私がおすすめしたい金融商品は、「くりっく株365」です。
今投資業界で大きく注目を集めている、CFD(差金決済取引)の一種で、買値と売値の差額で利益を狙っていくという投資方法になります。

ややこしい説明が苦手という方は、ぜひ『cfd-qa.com』という情報サイトを参考にしてみてください。
こちらはCFD入門のための手引きが記載されており、分かりやすいと非常に評判です。
しかも取引に関することや銘柄に関することなど基礎的な内容でありながら必要なことをしっかりと説明してくれているということで多くの方がこのサイトでCFDのことを学んでいるというのですから、頼りになりますよね。
口コミサイトでも「CFDの情報が多く便利」といった声が多くとても評価が高かったので、あなたにとっても役立つサイトになることは間違いありません!

日経225先物取引の取引時間。

author Posted by: admin on date 3月 18th, 2016 | filed Filed under: 比較

日経225先物取引および日経225miniの取引時間について、詳しくご説明したいと思います。

注目ポイントは、日経225先物取引も日経225miniも大阪取引所にて取引されているという点です。
実は、世界で初めて公設の商品先物取引が行われていたのは、この大阪取引所だということをご存知でしたか?
ちなみにその時はお米の先物取引が行われていたそうです。

そんな伝統ある大阪取引所の取引時間は、以下になります。
左側に記載しているのが日中立会、右側に記載しているのが夜間立会です。

・プレオープニング 8時から9時   16時15分から16時30分
→注文のみの受付時間となります。

・マッチング 9時   16時30分
→大阪取引所が売り注文と買い注文を結び付けて売買を成立させます。

・ザラバ 9時から15時   16時30分から翌2時55分
→相場が開いていて取引ができる時間です。

・プレクロージング 15時10分から15時15分   翌2時55分から3時
→ザラバ終了後の注文のみを受け付けます。

・マッチング 15時15分   翌3時

日経225先物取引や日経225miniの取引時間と取引の流れは、このようになっているとのことです。
上手な投資のためには、リアルタイムチャートを常にチェックしておく必要がありますね。

ちなみに、上記の時間帯のうち、注文可能時間は証券会社によって異なります。

株式投資における銘柄比較の重要さ。

author Posted by: admin on date 3月 11th, 2016 | filed Filed under: 比較

株式投資をするにあたって、銘柄の比較はかなり重要な位置づけとなります。
適当に有名どころばかりを抑えていても意味がありません。
銘柄の比較や選ぶ基準などについて指南していきましょう。
ちなみに、銘柄は4000以上程度あると言われています。
この中からあなたにピッタリの銘柄とは?

●スクリーニングを駆使する

証券会社の取引ツールに、スクリーニングと呼ばれるものがあります。
こちらは銘柄を条件検索ができるという非常に優れた便利な機能です。
これにより、
・投資金額
・業績
・値動き
・配当利回り
といったさまざまな項目の条件で銘柄の絞り込みが可能となります。

●メディアを利用する

最も手に取りやすいもので日本経済新聞、さらに会社四季報(東洋経済新報社発行)なども書店で販売されています。
上場企業に関する情報が網羅されているのでおすすめですよ。

●株式情報サイトの活用

より手軽に情報収集をするなら、サイトが良いでしょう。
たとえばヤフーファイナンス、オールアバウトなどは専門家が執筆しているコラムも充実しています。

●外せない条件を明確にする

・投資可能金額
・業績
・株主優待
など、絶対にこれだけは外せないという条件を自分の中で明確にしておくこともポイント。
より絞って選ぶことができます。

株で資産運用を始めたい方へ

author Posted by: admin on date 3月 5th, 2016 | filed Filed under: 比較

ひと世代前なら、お金は銀行に預けておけば、勝手に増えていきましたね。特に、定期預金などをしておけば、かなり良い利息がついていたかと思います。でも、今や日本はマイナス金利時代に入ってしまいました。お金を銀行に預けていても増えないどころか、ATMの手数料なんかを考えると目減りしてしまいかねません。それくらいなら、自分で資産運用をしてみようかと思い始める人が、昨今増えています。

資産運用といえば、株ですよね。株にはいろいろなメリットがあります。まず、株式を安く買って高く売ることで利益を得ることができます。それから、株主であることで、株主優待を受けられるというメリットがあります。たとえば、ある会社の株式を持っていたら、その会社の商品の割引券をもらえたりするので、普段からその会社の商品をよく買っている人にとって、その銘柄を保有するのはかなりのメリットになるかもしれません。また、株式を保有していると、配当金にも期待できます。株主というのは出資者ですから、保有している銘柄の会社が利益を出したら、保有株数に応じて配当金を分配してもらえることがあるのです。

「じゃあ早速株を買いに行こう。でも、どこで買えるの?」と疑問に思われる方もいらっしゃるかもしれません。株は、各会社で売っているのではなく、証券会社を通して購入します。最近はネット証券なども盛んですから、お手すきの時に調べたり問い合わせしたりしてみてはいかがですか。